どの消費者金融を利用するにしても申込を行うと、貸付条件や申込情報を元に審査が行われますが、各社の貸付条件を見てみると、それほど違いはありません。

現在の利用者の傾向としては、給料日前のちょっとした出費にスピーディに借入出来る消費者金融を選ぶ傾向にあります。

確かに給料日前になると、貯金が無い限り、懐具合は少ないでしょうし、そういった時に限ってお金が必要になる時があるのです。

そういう利用者のニーズに答えて各社とも貸付条件の他に審査も一昔前と比べると格段に時間が短縮されました。

以前の消費者金融と言うと、申し込み後の審査に数日要する事が多く、給料日前にお金を借入したい人にとってすぐにお金を借りる事が出来なかったのは、大きなデメリットでした。

しかし、インターネットの普及に伴い、従来であれば店舗や自動契約機で申込を行うのが普通だった消費者金融では、インターネットより申込から借入まですべての取引をインターネットから行う事が出来る様になったため、利用者も急増しよりスピーディさを求められる事になりました。

実際、消費者金融の手続きの中で一番時間を要する者は、審査です。

審査は、慎重に行われるため、時間が掛かるのは、当然と言えば、当然の事だと思いますが、あまりにも時間が掛かり過ぎると利用者が必要な時に借入出来ない恐れもあり、安定して利用者を獲得する事が今の時代難しくなっています。

そのため、各社共に審査時間の短さを売りにして宣伝しているのですが、実際の所、審査時間は、早い所で30分前と言った事が多く、どんなに時間が掛かっても1時間以内には、審査結果を知る事が出来ると思います。

傾向としては、大手消費者金融であれば、貸付条件もほぼ同じですし、審査時間も短い傾向にあるので、無難にお金を借りるのであれば大手消費者金融から借りる方が良いと思われます。

ただ、注意して欲しい事は、早くお金を借りたいからと貸付条件や審査時間の短さだけを基準にするのでは無く、知名度や評判などをトータルに判断して選ぶ事です。