一目惚れして購入したヒョウ柄の腕時計

私は、ヒョウ柄が好きで、ヒョウ柄の小物やインテリアなど見つけると、つい手に入れたくなってしまいます。

あまりにもヒョウ柄の物ばかり集めているので、夫には少し呆れられている感じです。

そんな私が最近購入した物は、ヒョウ柄の腕時計です。

時計の文字盤とベルトの部分がヒョウ柄になっていて、値段も安かったので、一目惚れして購入してしまいました。

 

ヒョウ柄の時計というと、インパクトがありすぎて、ファッションに合わせるのが難しいかも、と思っていたんですが、シンプルなファッションにこの時計を合わせると、ポイントになるんです。

今の私の一番のお気に入りの商品です。

気分が乗らない時でも、この時計をつけていると、ポジティブになる事ができます。

こんなポジティブな私ですが実は派遣で仕事には不安があります、お金に余裕がない時はキャッシングを利用しているのですが詳しくは⇒派遣社員 借入

20代、30代の婚活事情

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は20代から30代の婚活事情について考えてみたいと思います。

男性の平均初婚年齢は30歳らしいです。

でも最近では、どんどん数値が高まっているらしいです。

独り身でも良い人が増えているらしいです。

ですが、それでは日本が潰れてしまうのでは、個人的には感じています。

では、20代~30代の婚活パターンはどういうものがあるか考えてみます。

まずは、一般的な「合コン」でしょうか。

友人の紹介などを通じて、異性同士が集まる飲み会です。

つぎは、最近流行りの「街コン」でしょうか。

いろいろな街に男女が集まり、あるお店を行き来しながら、出会いを広げていく飲み会です。

出会える人数が多いため、確率が高いと思います。

あとは、ある会社を通して行う「婚活パーティー」系でしょうか。

お金もかかりますが、出会える人の条件が決めれるため、狙いを定めることができるかと思います。

でも少ない時間で多人数と話すので、非常に頭が疲れそうです。

みなさま、こういった事情を鑑みて、行動をしてみてください。
婚活に出会いを求めて飲み会など何かとお金がかかります、誘いがあって困ったときは借り入れをして誘いに出向いています。

プロミスの無利息期間借入

プロミスの30日間無利息キャンペーンは消費者金融業界でも有名で、新規顧客を集める有効な手段となっています。

もともと、プロミスの30日間無利息キャンペーンは一種のキャンペーンとして始まりましたが、好評につきキャンペーン期間を無制限に更新しています。

只、プロミスの30日間無利息キャンペーンは、新規でカードローンを申込んだ場合にしか利用できません。

一方、ノーローンの無利息期間は1週間ですが、全額返済した後は何度でも1週間の無利息期間を利用することができます。

従って、例えば、給料日の1週間前にノーローンでキャッシングして、給料日に全額返済する方法は何度でも使うことができます。

しかし、1週間を超えた場合は、利息が発生することは言うまでもありません。

只し、現実的には消費者金融会社を利用する顧客で1週間~1ヶ月以内に全額返済する顧客は少数で、平均的には1年を超える借入期間が普通です。

従って、借入期間が長くなればなる程、無利息期間のメリットは薄れてしまうことは言うまでもありません。

その為、短期的なキャッシングを繰り返す様な場合はノーローンの1週間の無利息期間が有利で、新規顧客にとってはプロミスの30日間無利息キャンペーンはメリットが大きいと言えます。

このように業者によってサービスなどの違いがありますので、自分にあったキャッシングを選ぶ事が大切です、ではお金を即日で借りたい方のお申込みはココから⇒即日お金

 

 

消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融と聞いてあなたは、何を思い浮かべますか?単純に考えて消費者金融は、お金を借りる所と思うはずです。

しかし、世間的に考えて消費者金融は、お金を借りやすいと思われていますが、そのイメージはけして良くありません。

でも、消費者金融には、悪いイメージだけではなく、メリットも沢山あります。

消費者金融に限らず、銀行や信販系の会社で借入をした場合、決められた金利の元、利息が掛かりますが、最近の消費者金融では、初回、利用時に限り、一定期間利息が無料になるサービスが利用できるなど、計画的に考え短期間で返済することで、利息を払う事無く借入を行う事が出来るのです。

そのため、給料日前やボーナス前にお金が必要な時に借入を行い、給料やボーナスを貰う事で一括返済される方も大勢いらっしゃいます。

その他にも銀行や信販会社で借入を行う場合、審査は、消費者金融よりも厳しいので、落ちる可能性も高く時間が掛かるのが特徴ですが、消費者金融であれば貸付条件を満たしており、特に問題がなければどなたでも短時間で借入を行う事が出来ます。つまり、お金を借りやすいと言う事なんですね。

今は、インターネットの普及に伴い、よりスピーディーさを求めて消費者金融を利用される方が多くなっているので、短時間で借り入れ出来る事は、大きなメリットとなります。

ただ、消費者金融には、デメリットもあります。

大手消費者金融であれば普通に利用している分には、何の問題もありませんが、消費者金融の場合、他の金融機関と比べて金利が高い事です。

つまり、借りやすい分、利息が高いと言う事になります。
また、消費者金融を利用していると言う事は、借金していると言う事であり、他人に知られる事で何で借金しているの?金遣いが荒いのかな?と悪いイメージを持たれる事は必至です。

例えば、モビットの店舗や無人契約機を利用すると出入りする際に他の利用者と顔を合わせる事が多く、他人の目に触れるのが嫌な方にとっては、大きなデメリットもあります。

しかし、最近は、各社(アコム、プロミス、モビット、アイフルなど)インターネットホームページからすべての取引を行う事が出来るので、利用者は増え続けています。 ※消費者金融の申込みから利用までの早さを求めるなら⇒即日キャッシング

各社ともに審査に違いは無い

どの消費者金融を利用するにしても申込を行うと、貸付条件や申込情報を元に審査が行われますが、各社の貸付条件を見てみると、それほど違いはありません。

現在の利用者の傾向としては、給料日前のちょっとした出費にスピーディに借入出来る消費者金融を選ぶ傾向にあります。

確かに給料日前になると、貯金が無い限り、懐具合は少ないでしょうし、そういった時に限ってお金が必要になる時があるのです。

そういう利用者のニーズに答えて各社とも貸付条件の他に審査も一昔前と比べると格段に時間が短縮されました。

以前の消費者金融と言うと、申し込み後の審査に数日要する事が多く、給料日前にお金を借入したい人にとってすぐにお金を借りる事が出来なかったのは、大きなデメリットでした。

しかし、インターネットの普及に伴い、従来であれば店舗や自動契約機で申込を行うのが普通だった消費者金融では、インターネットより申込から借入まですべての取引をインターネットから行う事が出来る様になったため、利用者も急増しよりスピーディさを求められる事になりました。

実際、消費者金融の手続きの中で一番時間を要する者は、審査です。

審査は、慎重に行われるため、時間が掛かるのは、当然と言えば、当然の事だと思いますが、あまりにも時間が掛かり過ぎると利用者が必要な時に借入出来ない恐れもあり、安定して利用者を獲得する事が今の時代難しくなっています。

そのため、各社共に審査時間の短さを売りにして宣伝しているのですが、実際の所、審査時間は、早い所で30分前と言った事が多く、どんなに時間が掛かっても1時間以内には、審査結果を知る事が出来ると思います。

傾向としては、大手消費者金融であれば、貸付条件もほぼ同じですし、審査時間も短い傾向にあるので、無難にお金を借りるのであれば大手消費者金融から借りる方が良いと思われます。

ただ、注意して欲しい事は、早くお金を借りたいからと貸付条件や審査時間の短さだけを基準にするのでは無く、知名度や評判などをトータルに判断して選ぶ事です。

アイフルを使って便利なキャッシング

アイフルを利用する手段はいろいろありますが、私は実際のお店で無人のタイプのものを使いました。

お店の人と話せたことによって不安や疑問を抱くことなくキャッシングすることが出来ましたし、本当に便利であると感じました。

審査に受かって即日でお金を借りれたことが何よりも嬉しかったです。

私がアイフルを選んだ理由の一つに、なるべく早めにキャッシングを済ませたいといったことがありました。

審査が長引いてしまったり、実際に現金を手に入れられるまでの時間がかかるということは何かと不安なことですし、せっかちな私にとっては余計なストレスになってしまうからです。

またお金の請求や準備は待ってくれませんし、突然お金は必要になることがあります。

アイフルならば突然の出費の際にもたいへん心強いですし、なにより快適で早い手続きが出来ます。

レイクのキャッシングは、借りやすいと評判だからすぐに利用出来る!

けして、間違いではありません。キャッシングの売りは、担保・保証人共に必要なく申し込みを行う事で早くて当日には、融資を受ける事が可能だからです。

ただ、キャッシングを申し込む前にいくつか確認して欲しい事があります。

まず、キャッシングは、借りやすい事は事実ですが、誰でも借りる事は出来ない事です。

キャッシングの申し込み条件に満20歳以上で安定した収入のある人となっています。これは、どのキャッシング業者も見ても年齢制限に違いはあるもののほぼ同じ内容になっています。

新生銀行が運営しているレイクを見てみると、年齢20歳以上から65歳以下の安定した収入のある方となっていることから申し込み時点で年齢と安定した収入のある事が求められます。

契約する事が出来るとお金を借りる事が出来ますが、借りたものは、返済期日までにきちんと返す必要があります。また、借りた金額と利用日数によって利息が付く事も忘れてはいけません。

利息は、借りた金額と利用日数、金利を元に計算されますが、この金利は、キャッシング業者によって変わるため申し込み前にきちんと確認しておく必要があります。ちなみにレイクの金利は、9.0%~18.0%の範囲内で金利が決定されます。

始めてレイクの契約を行うとほとんどの場合、18.0%の金利が適用されると思いますが、今後の取引内容や市場の情勢によって変動する事もあります。基本的に金利の変動は、レイクからお知らせする事は無いので、随時レイクのホームページかATMで取引した際に発行される利用明細書で確認しましょう。

また、レイクでは、初回利用時に30日間・180日間の無利息サービスを受ける事が出来るので、期間内に全額返済する事で利息が無料になるので、ぜひ、活用しましょう。

最後に申し込みを行う場合、希望額に対してどれだけ利息が掛かり、分割で返済する場合には、返済金額と必要な回数を調べ返済が苦しくならないか?確認して申し込みを行う事でスムーズに返済を行う事が出来ます。